埼玉・所沢 自賠責・後遺障害認定 交通事故相談サポートセンター
料金 業務内容 自賠責保険被害者請求 損害賠償の種類
後遺障害とは むちうち症について 死亡事故について 健康保険証が使える

■後遺障害とは

 交通事故による怪我の治療をしても、ある程度の期間で、それ以上の回復が見込めないような状態になり、それでも身体に障害が残った状態の事を言います。
 一定の障害が残っていた場合、どの程度の後遺障害と認定されるのかによって請求できる損害賠償の金額が大幅に変わります。主治医に診断書等を作成してもらい、保険会社を通じて、後遺障害の認定の申請をします。その後、後遺障害に該当するのかどうか、等級の認定が行われます。

(後遺障害の等級)

 自賠責保険では、後遺障害に認定されると、その等級に応じて治療費とは別枠で、後遺障害による逸失利益と、慰謝料に対し保険金が支払いされます。
1級から14級あり、1級が一番重いものとなります。

(後遺障害の認定に不服がある場合)

 後遺障害の認定の内容に、異議申し立てができます。
後遺障害の認定申請ですが、とても厳しく、申請を行っても「非該当」として後遺障害では無いと認定されたり、後遺障害が認定されたとしても、その内容を不満に思われる方も多いと思います。
このような場合にはさらに資料と診断書を作成するなどして、保険会社を通じて異議の申し立てをすることができます。

(後遺障害による逸失利益)

 交通事故で、怪我などをして症状固定後も後遺症が残っていた場合、これまでどおりの仕事ができなくなります。このような場合は。減収になった損害を後遺障害による逸失利益として請求をすることが可能です。

(新ホフマン係数とライプニッツ係数)

 逸失利益の最低方式は、原則として基礎収入額に労働能力の喪失割合を乗じ、その後、これに就労可能年数に応じた喪失期間に対応する新ホフマン式係数か、ライプニッツ係数を乗じて算定します。

(労働能力の喪失の割合)

 労働能力の喪失の割合は、労働能力喪失率表を参考に考えますが、被害者の職業や、年齢、性別、現実の収入が減った金額などで、その喪失割合が定められます。
 そのため、後遺障害の等級が同じでも労働能力喪失の割合は被害者によって異なります。

 

埼玉 行政書士 國分法務

國分法務 離婚相談サポート
内容証明 建設業許可サポート 車庫証明
不倫慰謝料請求サポート 婚姻届離婚届証人代行センター